外壁塗装

- Wall painting -

家の外壁に汚れやヒビ割れが目立ち始め、外壁塗装をしたほうが良いのか。

外壁塗装を行うにあたって何からすればよいのか。どんな事に注意すれば良いのか。

不安に思っていませんか?

外壁塗装の劣化のサイン

 

「こんな症状でていませんか?」

ツヤ落ち・変色

チョーキングの症状

外壁内部・木材部分の腐食が始まります

レベル 1

5年~10年

藻・カビ・汚れ

サビの発生

放置すると外壁のひび割れが発生します 

レベル 2

5年~15年

ひび割れの発生

雨水が浸入して柱が腐食します

レベル 3

8年~15年

はがれ・ふくれ

欠損の症状

外壁内部・木材部分が腐食します

レベル 4

15年位から

「住まいの危機かもしれません」

外壁塗装の劣化は、住まいそのものにダメージを与えかねません。すこしでも気になることがございましたら、外壁の診断は「無料」ですので、お気軽にご相談ください。

外壁塗料の種類

一般的によく使われている塗料で、価格と機能のバランスが良い塗料

塗料の特徴

ウレタン

耐久年の目安

約5~7年

価格と機能のバランスが良い。カラーバリエーションを楽しみたい方に最適

塗料の特徴

シリコン

塗料の特徴

約7~10年

超耐久性でありながら、防水に必要な高弾性を有している。非常に優れた塗料

塗料の特徴

ピュアアクリル

塗料の特徴

約5~7年

耐久性を優先する方におすすめ。長期間にわたり変退色、艶引けがなく、耐久性において最高レベル

塗料の特徴

フッ素

耐久年の目安

約15年~

無機とは自然界の鉱物物質で、紫外線より強い結合エネルギーを持つため、長期にわたり状態を維持する

塗料の特徴

無機

塗料の特徴

約15年~

外壁がモルタルであったらクラックに強い弾性塗料が向いていて、カビが発生しやすい立地環境ならば防カビの付加機能がある塗料に、家の2階が夏場ものすごく暑いというなら遮熱効果のある塗料を、というように家に合った塗料を選ぶことが重要です。

外壁塗装にかかる費用相場

80~150万円」

(一般的な2階建て住宅/塗り面積200㎡)

この金額はあくまでも相場価格です。外壁塗装の費用は、例えば、住まいの大きさや塗装に使う塗料の種類、住まいの劣化の進行具合など様々な要因によって大きく変動するため、上記より高額になるケースもあれば、上記より低く抑えられるケースもあります。

 

 無料でご相談・お見積りできますので、必ずお問い合わせください。

 

TEL.

お問合せや相談など、お気軽にお問合せください

平日 8:00~19:00

2019 ©HONMATOSOU Co., Ltd. All rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram